タイトル「2017年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2017年度 教育学部シラバス - 多文化共生教育
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   西洋史概説  
担当教員   佐々木 真  
対象学年   2年   クラス   01  
講義室   S407    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火5   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース選択科目A、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース選択科目A 
備考   
ねらいと目標 ・ヨーロッパを中心とした西洋の歴史の流れを理解する。
・我々の社会に大きな影響を与えている近代社会の成立とその特質を理解する。
・ヨーロッパ世界と非ヨーロッパ世界との関係史より、グローバル化の過程やその意味を理解する。 
内容  ヨーロッパを中心とした西洋通史を講義する。西欧で歴史的に形成された思想や政治、経済は、現代世界の基盤となっている。本講義では、西欧の特質を歴史的に理解することにより、現代社会への視座を養う。その際、特に影響の大きかった、西欧近代概念について、様々な角度より検討するとともに、それが日本を含む非ヨーロッパ世界にいかなる影響を与えたのかも考察する。また、普通の人々の日常生活からの視点も重視し、歴史を重層的に理解することが可能となるようにする。 
テキスト テキストは特に指定せず、必要に応じてプリントを配布する。 
参考文献 参考文献については、授業のなかで適宜紹介する。 
成績評価方法 ・授業終了時に回収するリアクション・ペーパーによる評価:20%
・期末試験による評価:80% 
授業スケジュール(展開計画) 導入
 第1回:ヨーロッパの自然環境
第1部:古代ヨーロッパ
 第2回:ヨーロッパの起源とギリシア世界
 第3回:ローマ世界の形成と拡大
第2部:ヨーロッパ世界の形成と展開
 第4回:民族移動と封建社会の成立
 第5回:キリスト教と中世の暮らし
 第6回:封建制の危機
第3部:ヨーロッパ世界の拡大
 第7回:ルネサンスと宗教改革
 第8回:主権国家体制の成立と絶対主義
 第9回:ヨーロッパ勢力のアジア進出
第4部:近代社会の成立
 第10回:産業革命と世界市場の形成
 第11回:フランス革命と国民国家の成立
 第12回:近代社会の特質:学校・労働・家族
第5部:地球世界の到来
 第13回:帝国主義と社会主義
 第14回:二つの世界大戦と大衆社会の出現
 第15回:グローバル化する世界
 
授業時間外における学習方法  第1回目の授業で参考文献表を配布するので、授業の進展に合わせて適宜予習することが望ましい。授業後には不明な部分やより知りたい点を参考文献で確認すること。 
授業のキーワード 西洋、ヨ―ロッパ、歴史、概説 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 半期の授業で西洋の歴史をすべて語ることは難しいので、履修者は紹介された参考文献をなるべく多く読み、より広い知識や見識を身につけてほしい。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.