タイトル「2017年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2017年度 教育学部シラバス - 多文化共生教育
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   初習外国語入門Ⅰ  
担当教員   ラタンジオリリアンヌ  
対象学年   1年   クラス   02  
講義室   N207    開講学期   春学期  
曜日・時限   金3   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻多文化共生教育コース必修科目 
備考  フランス語 
ねらいと目標 この授業ではフランス語の口頭表現の習得を目指します。
 
内容 日常会話の練習を行います 
テキスト なびふらんせ1 パリをめぐる、有賀智世他、朝日出版社
ISBN : 978-4-255-35261-9  
参考文献 マルチメディアウェブサイトwww. navifr.fj.tokoha-u.ac.jp
授業時間外にも自主的に楽しく学習できる、テキストと連動したフランス語学習サポート教材Web〈なびふらんせ〉も用意しています。
 
成績評価方法 授業時間中の参加度による平常点と期末試験による。  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1Leçon 0 :  フランス語の基層
21課:フランス語の綴りと読み方の関係を知り、数字、挨拶を言えるようにする。
32 課:フランス語の綴りと読み方の関係を知り、数字、挨拶を言えるようにする。
42課:パン屋で簡単な買い物ができる(文法、練習)。
5 3課;所在、国籍、職業を聞き取り、言える(語彙、表現)。
63課:所在、国籍、職業を聞き取り、言える(文法、練習)。
7 復習
84課:好みを言い表し、聴き取れる。
9 4課:前回使った動詞と同じタイプの動詞について知る。
105課:食と市の語彙を知り、表現を学ぶ。
115課:食と市の語彙を知り、表現を学ぶ。
126課:人、物に関する説明(形容)を理解し、表現する。
136課:人、物に関する説明(形容)を理解し、表現する(文法・練習)。
14復習 
15春学期試験
授業時間外における学習方法 各自、上記のサイトで、練習問題をすること。  
授業のキーワード  フランス語 会話 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.