タイトル「2017年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2017年度 教育学部シラバス - 総合社会システム
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   スクールソーシャルワーク実習  
担当教員   馬場 幸子  
対象学年   4年   クラス   51  
講義室   学外施設    開講学期   通年  
曜日・時限   時間外   単位区分   選必  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  人間社会科学課程総合社会システム専攻選択科目A 
備考   
ねらいと目標 スクールソーシャルワーカーの役割と仕事内容を理解し、基本的スキルを習得する。 
内容 認定スクールソーシャルワーカーになるための実習。
公立小・中学校を中心に、配属先自治体の関連機関での実習を行う。 
テキスト  
参考文献  
成績評価方法 実習を依頼する自治体のスクールソーシャルワーカー(実習担当者)に、実習評価表への記入をお願いする。実習指導教員は、提出された評価表、実習ノート、実習報告書などを総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) おおむね9月から10月にかけて、80時間(週2-3回、6週間程度)
その間に、帰校日、実習巡回日を設け、実習指導を行う。実習終了後、報告書作成、プレゼンテーションを行う。  
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) ソーシャルワーク実習を終え、かつ、スクールソーシャルワーク論、スクールソーシャルワーク演習・実習指導履修済みの4年生のみ履修可。 
学生へのメッセージ  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.