タイトル「2017年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2017年度 教育学部シラバス - 国際教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   教育思想史  
担当教員   北詰 裕子  
対象学年   2年   クラス   01  
講義室   N411    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水3   単位区分   選択,選必  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  教育支援課程 教育支援専攻地域研究サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程技術専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻カウンセリングコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程社会専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程音楽選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯学習サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程美術専攻教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程保健体育専攻教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程英語専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻多言語多文化サブコース教科・教職(選択)、初等教育教員養成課程幼児教育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程学校教育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程情報教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程書道専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻生涯スポーツコース教科・教職(選択)、教育支援課程 教育支援専攻表現教育コース教科・教職(選択)、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程家庭専攻教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻文化遺産教育サブコース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程数学専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程家庭選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程数学選修教科・教職(共通SE、教育支援課程 教育支援専攻情報教育コース教科・教職(選択)、中等教育教員養成課程音楽専攻教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程保健体育選修教科・教職(共通SE、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程美術選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国語選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国際教育選修教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程環境教育選修教科・教職(共通SE、中等教育教員養成課程理科専攻教科・教職(共通SE、初等教育教員養成課程国語選修 日本語教育コース教科・教職(共通SE、 
備考  学校教育系:共通SE 教育支援系:教科又は教職(選択) 
ねらいと目標 本年度は、「人間形成」の思想史をテーマに授業を行います。「人間形成」と一言で表されることがらには、実に多くのファクターが含まれています。教師‐生徒関係のみならず、親子関係や友人関係、職場での関係はもちろんのこと、個人と個人、個人と社会、そして環境といった観点もまた、人間形成を考える範疇に含まれるといえます。本講義では、人間形成に関わる様々な考え方や見方を、毎回のテーマに即して考察し、人間の成長・発達・生成と名指されることがらについての理解を深めることを目指します。 
内容 ①人間形成を考えるうえでの重要な論点を取り上げ、講義を中心に授業を行う。②その際、取り上げるトピックに応じて、ワークシート形式のエクササイズや、ディスカッション(グループ討論)を行う。視聴覚教材を使用する場合もある。 
テキスト 特に使用しない。各トピック毎にレジュメを配布する(参考文献表含む)。 
参考文献 授業の際に適宜指示します。 
成績評価方法 最終試験点(50%)に、中間課題(50%)を加算し、総合的に判断する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1イントロダクション
2家族・親子・私:あるひとつの、私の見え方―アドラー心理学から
3私と他者と(1)舞台「トランス」の世界: 患者/医者というプロブレマティーク
4私と他者と(2)デカルト的世界観と〈臨床の知〉
5私と他者と(3)〈臨床の知〉から見た教室の1場面-「芸術(アート)」って何?
6共同体と個人―野生児の事例から
(1)「野生の少年」:「見えていても見えず、聞こえていても、聞こえない」を問いながら
7共同体と個人―野生児の事例から(2)自然/社会という視点を巡って
8共同体と個人―野生児の事例から(3)〈幸福〉は問いうるのか?:教育を考えるときの私たちの足場とは?
9声・文字・メディア/過去と現在と未来―「Paper Clips」から(1)
10声・文字・メディア/過去と現在と未来―「Paper Clips」から(2)
11人間形成と言語(1)―読み書きの意味:現代アメリカの事例から(1)
12人間形成と言語(1)―読み書きの意味:現代アメリカの事例から(2)
13人間形成と言語(2)-「音のない世界で」:フランスの事例から(1)
14人間形成と言語(2)-「音のない世界で」:フランスの事例から(2)
15まとめ
授業時間外における学習方法 毎回授業の際に、講義内容のレジュメを配布します。そのなかに、講義内容と関連するおすすめの参考文献を複数載せています。授業の際に興味をもったこと、あるいは考えを深めたいと思われたなら、まずはそれら諸参考文献を読むことをおすすめします。 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 実際の履修者数に応じて、授業内容と形式を調整する場合があります.
 
学生へのメッセージ  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.