タイトル「2017年度 教育学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 教育学研究科シラバス - 国語教育専攻
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   国語教育内容基礎研究法K(a)  
担当教員   大井田 義彰  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   S101    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金6   単位区分   選択,選必  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  国語教育専攻中国古典学コース自専攻教育実践研究法、国語教育専攻日本文学コース自専攻教育実践研究法、国語教育専攻日本語学コース自専攻教育実践研究法、国語教育専攻国語科教育コース自専攻教育実践研究法、国語教育専攻日本語教育コース国語教育専攻開設科目 
備考   
ねらいと目標 近現代の文学教材の分析法や扱い方を学ぶ。 
内容 近現代の文学作品について、受講生各自の発表をもとに、その文学的、教材的価値を討議・検討する。 
テキスト プリントと文庫等を併用する。 
参考文献 授業時間の中でその都度提示する。 
成績評価方法 発表内容、出席状況、討議での発言、レポート等によって総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2受講生の発表をもとにした討議1
3受講生の発表をもとにした討議2
4受講生の発表をもとにした討議3
5受講生の発表をもとにした討議4
6受講生の発表をもとにした討議5
7受講生の発表をもとにした討議6
8受講生の発表をもとにした討議7
9受講生の発表をもとにした討議8
10受講生の発表をもとにした討議9
11受講生の発表をもとにした討議10
12受講生の発表をもとにした討議11
13受講生の発表をもとにした討議12
14受講生の発表をもとにした討議13
15まとめ
授業のキーワード 国語教育 文学教育 メディア教育 近現代文学 
受講補足(履修制限等) 教室収容人数を超えた場合は制限も検討する。 
その他 多様な学生が参加するゼミ形式の授業で、履修者全員に発表を課す。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.