タイトル「2017年度 教育学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 教育学研究科シラバス - 国語教育専攻
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   国語教育内容基礎研究法I(a)  
担当教員   石井 正己  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   春学期  
曜日・時限   金7   単位区分   選択,選必  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  国語教育専攻中国古典学コース自専攻教育実践研究法、国語教育専攻日本語学コース自専攻教育実践研究法、国語教育専攻日本文学コース自専攻教育実践研究法、国語教育専攻日本語教育コース国語教育専攻開設科目、国語教育専攻国語科教育コース自専攻教育実践研究法 
備考   
ねらいと目標 平安末期から鎌倉・諸町時代の文学作品を講読し、研究方法や教材価値等について研究する。 
内容 平安末期から鎌倉・室町時代の作品を読んで、その教材としての可能性を検討する。 
テキスト 通常の『とはずがたり』ならば、どれでも問題はないが、できれば、小学館の新編日本古典文学全集『とはずがたり』を用意してください。 
参考文献 授業中に指示する。 
成績評価方法 出席の状況、討論への参加等によって総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 第1回 授業計画の説明(中世文芸ゼミの活動と合わせて行い、今期は日記紀行『とはずがたり』を扱う予定)
第2回 中世文学概説
第3回 文学テキストと研究方法の第4回 『とはずがたり』講読と教材研究①
第5回 『とはずがたり』講読と教材研究②
第6回 『とはずがたり』講読と教材研究③
第7回 『とはずがたり』講読と教材研究④
第8回 『とはずがたり』講読と教材研究⑤
第9回 『とはずがたり』講読と教材研究⑥
第10回 『とはずがたり』講読と教材研究⑦
第11回 『とはずがたり』講読と教材研究⑧ 
第12回 『とはずがたり』講読と教材研究⑨
第13回 『とはずがたり』講読と教材研究⑩
第14回 『とはずがたり』講読と教材研究⑪
第15回 まとめ  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.