タイトル「2017年度 教育学研究科シラバス」、フォルダ「2017年度 教育学研究科シラバス - 国語教育専攻
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   国語教育研究法J(a)  
担当教員   中村 純子  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   木4   単位区分   選択,選必  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  国語教育専攻中国古典学コース自専攻教育実践研究法、国語教育専攻日本語学コース自専攻教育実践研究法、国語教育専攻日本文学コース自専攻教育実践研究法、国語教育専攻日本語教育コース国語教育専攻開設科目、国語教育専攻国語科教育コース自専攻教育実践研究法 
備考   
ねらいと目標 海外における母国語教育の検討を通して、新たな国語教育の実践開発にむけて、理論的基盤の構築を目指す。 
内容 海外の母国語教育、メディア・リテラシーや国際バカロレアに関する文献(日本語翻訳文献も可)購読をベースに、レポート発表と討議を行う。
 
テキスト 受講者と相談して決定する。 
参考文献 ルネ・ホッブス『デジタル時代のメディア・リテラシー教育』(東京学芸大学出版会)
English A: Language & Literature, Course Companion (Ib Diploma Porgramme Course Companion) 2012 Oxford Univ Pr
その他、授業時に指示する。 
成績評価方法 出席、レポート、討議などを総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 1 オリエンテーション
2 講義「国際バカロレア・言語Aカリキュラムにおけるメディア・リテラシー教育」
3~15 受講者による発表と討議  
授業のキーワード メディア・リテラシー 国際バカロレア教育 
受講補足(履修制限等) メディア・リテラシーに関心があれば、他教科の方も受講可能。 
その他 第1回オリエンテーションで分担を決めるので、必ず出席すること。
 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.